スーパーマーケットとインテグレに、丁寧・迅速なサポートの。

必中射程だ。保坂警部は腰の拳銃を抜き、素早く右へ移動して土塁の端から数メートルの地点に立っている直径三十センチばかりのコンクリートの電信柱を楯にとって拳銃を構える。私も一挙動で電信柱の後ろに身を寄せる。だが電信柱は二人が身を隠すには細すぎる。がすっ飛んできて腕を引っ張って叫ぶ。「局付、危いですよ、二人は無理だ、一戻って下さいシ」そう言われてみれば、ちと無謀だ。言われるままに土塁の蔭に宇田川警視と一人で、返り込む。保坂警部は落着き払ってゆっくりと拳銃の狙いをつけ、リズムをとりながら五発発射。〃バン、バン、バン、バン、バン〃保坂警部の拳銃が火を噴き、鼓膜をつんざく墨音が響く。とたんに屋根裏部屋でガタガタ物音がし、布団の銃座から突き出ていたライフルの銃身がスルリと引込んだ。威嚇射撃の効果は極めて大きく、以後ライフル狙撃手は二度と屋根裏の銃座には姿を見せなかった。二機と九機交代多重六号に一戻って二機の現状を報告し、無傷の九機との交代を進言しようと急ぎ足で歩いていると、NHKの石岡壮十記者に呼びとめられた。

たとえば、それは、秘密を共有しているという証だったのかも知れないし、三人の結束を決し エピローグ孤独て忘れてはならない、といった強い意思表示だった可能性もある。「ジョー」は果して、今もそのペンダントを身につけているのだろうか。事件後、名古屋にいた二人「ョシダ」の話の中で、最も驚いたのは、不審な急死を遂げた「ロク」が、実は、名古屋市出身の「佐藤六郎」(仮名)という名前の男で、同市内の寺に彼の墓がある、というくだりであった。名古屋と言えば、「先生」がインタビューの中で、「私は子供に夢を売る玩具を扱う仕事をしようと思い、ノウハウを学ぶために、名古屋市内の玩具メーカーや卸問屋に三年間ほど勤めていました」と証言した街である。取材スタッフの一人が既に、名古屋に取材に赴いており、私も近々、現地に行こうとしていた矢先であった。

この三カ月に余る激しい闘争もいよいよ最後の厳粛な段階にたちいたりました。今ここにこれまでの闘争を考えますと並々ならない苦闘がうかんでまいります。或る時は闘争の何であるかを説き、或る時は要求の正しさを知らせ、或る時は民主教育のあり方を納得させ、社会大衆の前に堂々と宣伝し、啓蒙してまいりました。しかしそれらの行動も封建的意識の強く支配している雰囲気と、封建思想の圧迫の中にあっての事なのですから、「女はそんなことをするものではない」とか、「教育者はそんな方法をとらなくともよいのに」とか、白い眼で冷たい言葉 を投げられたことが幾度あったことでしょう。しかし私たちは決してそんなものにひるみませんでした。私たちの中には新時代建設の情熱が燃えたぎっていました。正しい理想実現の前には、どんな迫害も敢然とふりすてることが出来ました。

貿易い状態になった摩擦口一向。B-30ロ)は、学術立され(法律第九趣味の大工仕事。日常使うちょっとしたものなどをつくること。ふだんはほかの仕事をしており、休みの日曜日におこなうことからそうしたことばが定着した。素人の芸というニュアンスもある。戦後の過程において大工職人の世界は大きく変容する。電動工具や新建材の普及にともなう工』法の変化が大きい。都市化の進日曜日の夜に放送された一二分展で地縁・血縁の町場がしだいョに崩れていったことも大きい。七年(昭和二)一O月五日にはその一方、日曜大工という現象機知あふれる時局風が広範にみられるようになる。J九一談音楽電動工具の普及が